首のイボの種類や治療にはどのくらい期間がかかるのか?

イボって見た目も嫌だし、そのまま無視しても増えたりと……
なかなか面倒なものです。

イボの種類や治療法をバッチリ紹介しますね!

■首のイボの種類は何?

イボって体中にできるものなんですが、中でも一番悩みが多いのが首のイボです。

なぜか?気がついたら大量に首のまわりにイボがブツブツ出来ていたりしませんか?

大丈夫ですよくあることですし、、この手のイボは悪性でないことがほとんどなのでちょっとした治療法で治したりできますよ。

イボ……と言ってもその種類はウイルスだけで100種類を超えるので様々な治療法があるんですけど、代表的なものは液体窒素を使ったり、レーザーを使ったりするのが一般的です。

他にも、ヨクイニンを含んだ薬を飲んで体の中からイボを無くすように働きかけたりすることもあります。

この中で首のイボに使われるのは、液体窒素もレーザーもあまり向いていません。
なぜかというと首は皮膚がとっても薄いのであまりにも刺激が強すぎる液体とか治療法はできないんですよね。

病院でも軟膏とか、飲み薬で様子を見てみようか?という感じで医者に勧められることがほとんどなんですよ。

この飲み薬なんですがほとんどヨクイニンを処方されます。

安全性はとても高いのですが、必ずしもイボに効果が高いのか?と言われると効く人には効果がある……という風な効き目で決定的な決め手があるわけではありません。

■本当に首のイボに効果のある治療方法とは?

実際に首のイボをを直そうと思った場合、まず一番大切なのは何が原因でイボになっているかということはとても大切なんです。

イボはものによっては悪性腫瘍であることが考えられるので、大きく盛り上がって色が黒く短い期間で急激に大きくなったものの場合は、絶対に病院に行きましょうね。

それ以外の首のイボはポツポツ、ザラザラしたものが多いと思います。
これは、今までの生活習慣や乾燥、加齢、紫外線などが原因でイボになっていることが多いんですよ。

日差しにあまり当っていないのに首にイボが出来ますけど……という方も多いです。

実は首のイボ、洋服やネックレスなどの摩擦でもイボが出来やすくなるんです。

よく服がこすれる場所は皮膚が乾燥しやすくて、目に見えないレベルでガサガサになっておりそこからポツポツした小さなイボが少しずつ育っていくんですよ。

こんな繊細な場所に液体窒素とか、レーザーは使えないですね。

まあ、レーザーはできますけど使用が一回に付き保険適用外なので1万円くらいかかる高額なお買いものになってしまいます。

時間がかかってしまうのですが、首のイボは病院などでは内服薬か、軟膏を処方されることがほとんどです。

それでも病院に行けば悪性か、良性か見てもらえるので行く価値がありますよ。

【首のイボが再発した場合はどうしたらいいのか?】

■せっかく取っても首のイボは再発する

首のイボで悩んでいる女の人ってものすごく多いんですけど、それで病院に行き内服薬で直したとしても、またしばらくしたらいつの間にか再発しているということはよくあります。

そもそも首のイボは、紫外線の影響とかいつも外気にさらされて乾燥しやすいことつまり刺激が大きな原因なんですよね。

もちろん乾燥することも、年齢も大きな原因なんですがとにかく刺激とか肌に対するストレスが原因なんですよ。

この原因がなくならない限り何回でも再発しますし、生きている限りずっと出来続けるといっても過言でないですよ。

顔は化粧水とか、乳液などを付けていつもケアする人は多いです。

けれどもそのケアを首まで入念にする人は意外に少ないんですよね。

1週間に一度首まで美容パックをするようにすればかなり違ってくると思いますけどそこまでケアしている人も少ないかもしれません。

首は、ある程度年齢が行ったら潤いがなくなってしまうので顔と同じように手厚いケアをしてあげないと乾燥とか、ストレスとかでイボができやすい状態になってしまうんですよ。

つまり何かしてあげないと、病院に行ったとしても何度でも再発します。

■乾燥でイボが出来やすくなる

首は30代を過ぎたくらいから、体全体の潤いが少なくなってくるのでそれに伴って首にもイボができやすい状態になります。

特に一番首のイボが出来やすくなってしまうのが女性が閉経を迎える50過ぎたあたりから一気に数が増えてしまうんですよ。

閉経を迎えてしまうと、女性ホルモンをあまり作らなくなってしまうので潤いを体内にもたらしている女性ホルモンが少なくなると、首だって乾燥してイボができやすい状態になってしまいます。

年齢によってイボが出来やすくなるのには、女性限定ですが年齢が大きくかかわってくるので、爆発的にできてしまう前に首のケアを何年か前から始めておくといいかもしれませんね。

何もしない人は、ポツポツしたイボが増えて見た目も気になるし、毎日洋服を着換えるときに引っかかって面倒だと感じる人も多いんですよ。

放置しておく人もいますが、放置しても根本的な原因は解決しないので最初は柔らかかったポツポツイボも年数を重ねれば固くなり、本格的なイボに成長していく取れにくくなってしまいますよ。

硬くなってしまえば内服薬をのんだとしても効きが悪くなってしまうので出来たらすぐにケアするのが一番です。

あまり大きくなるとレーザーも費用が高額になってしまうので大変です。

【安全で簡単なイボ治療は艶つや習慣】

■杏子エキスでイボをケア

首のイボ……皮膚が薄いところなので病院でも効果の薄い内服薬しか処方されないことが多いんですが、艶つや習慣ならばバッチリケア出来ますよ。

艶つや習慣は、化粧品なんですがオールインワンジェルで潤いが自慢です。

通常オールインワンジェルと聞くと物足りなくて、潤いが足りないんじゃないの?
というイメージが強いですけど、艶つや習慣は潤いが自慢なんですよ。

ハトムギエキスや杏子エキスが配合されていて、杏子エキスも普通のエキスではなく種子の中の特別なエキスを抽出して配合しているので、一般的なジェルと違い首のイボにしっかり潤いが届きます。

年齢や乾燥、ストレスが原因でできてしまう首のイボは、毎日タップリと潤いを与えてあげれば早ければ1ヶ月から3ヶ月くらいで自然にイボがキレイになくなってしまうんですよ。

薬の力を使わなくても、高いお金を払ってレーザーを使わなくても毎日しっかりとジェルを塗るだけでイボが簡単に取れてしまうならいいですよね。

使っているとポロポロとイボが取れてしまうと大好評なんですよ。

値段も手ごろ価格で、首のイボだけではなく顔全体のお手入れまで一個で完了してしまうので、今までのスキンケアよりも値段が安くなりますよ。

使い続ければハトムギ効果で美白効果も大いに期待できるのでおすすめです。

何よりも薬を使っていない、レーザーも使わなくてよい、液体窒素などの処置をしなくても良いというところがうれしいですよね。

■艶つや習慣はどんな人にお勧めなのか?

艶つや習慣は年齢によるイボに特に効果は高いのですが、まだ30代になっていない人でも乾燥が気になるとか、スキンケアに時間がかけられないという方にもおすすめなんですよ。

優れた美容成分が配合されている艶つや習慣は、アスタキサンチンまで配合されているので、はっきり言ってこの値段は安いです。

毎月のスキンケアにかけている金額を考えると、艶つや習慣があればスキンケアも乾燥によるイボも予防できるので助かりますよ。

首のイボはケアを怠ってしまうと又すぐに再発しますから、再発しないように毎日艶つや習慣でケアをすれば、人に見せたくなるようなうなじになれますよ。

艶つや習慣は角質までケアをしてくれるので、乳液を首に塗るよりもはるかに強い効果が期待できますよ。

肌の状態を正常に整えて、肌の新陳代謝を高めてくれるので肌の色が明るくなりイボのケアも美白も両方できます。