首のイボを治せる市販薬はどれ?

首のイボ……病院まで行くのは大変だし市販薬で治せるなら気軽でいいですよね?

薬局などで手軽に買える薬の種類を紹介したいと思います。

■薬局で買える首のイボの市販薬

イボの薬って薬局でもよく売ってます。

ただ……、ほとんどが皮膚の硬い部分専用のイボの薬とか、シートだったりで薬の強すぎるのは首に使えません。

首のイボは皮膚の薄いところに出来ているので、使える薬がかなり限られます。

薬局で気軽に買えるイボの薬は、飲むタイプ内服薬のイボコロリですかね。

イボコロリって言ったら足のイボだよね!と、思うのですが内服薬がありまして首に使えるのは残念ながらこのタイプだけなんですよ。

自分勝手に足用のシートとか、塗り薬を買って首に塗ったら負けますよ!
使用上の注意に首や皮膚の弱い部分に塗るなと書いてあるので絶対ダメです。

もし間違って足用のイボの薬を首に使ったら、シートだったら皮膚が剥がれてしまうかもしれないので専用の薬を使わないといけないですね。

ところでイボコロリの中には、ヨクイニンという成分が含まれていてこれを飲むことで肌の代謝を上げてイボをなくそうというものです。

ヨクイニンは植物からとれる成分で漢方でよくあります。

漢方で処方されるくらいですから、そこまで即効性はなく効かない人もいるんですよね。

■薬局以外で買える首のイボの薬

首のイボって薬でなくても化粧品でも治せるんですよ。

艶つや習慣というジェルなんですが、化粧水なんですがハトムギエキスと杏子エキスが入ってまして潤いはバッチリなんです。

ハトムギエキスには、ヨクイニンが含まれているのでイボに悩んでいる人にはうってるつけなんですよね。l

イボだけでなく、しっかり潤うのでこれだけで顔のお手入れまで完璧にできてしまうんですよ。

薬じゃないというのがいいですよね!スキンケアとして使えますし、毎日塗るだけでイボの予防にもなるのでいつまでもキレイでいたい人にお勧めですよ。

艶つや習慣は塗るとしっかり肌に吸い付いて垂れないので、化粧水や乳液をぬるよりも何倍も潤いや保湿の効果が高いんですよ。

プラセンタエキス、ヒアルロン酸、アロエベラなどの潤い成分もしっかりと入っているので冬の乾燥する季節にもいいですよ。

今現在イボが首にある人でも、続けて艶つや習慣を塗るだけでポロっとイボがキレイに取れる事もあるので、跡が残らないでお勧めですよ。

跡が残らないでイボが取れるというところが、艶つや習慣の最大の魅力です。