簡単でわかりやすい艶つや習慣の使い方

艶つや習慣はイボなどのケアに効果的ですよね。
普通のオールインワンジェルなんですが、基本的な使い方をするとより効果が上がりやすいので紹介します。

■艶つや習慣のイボをケアするための正しい使い方

艶つや習慣は、首、顔、デコルテ部分のイボに効果が高いのですが正しい使い方をしないと思うような効果が出ないので気を付けてくださいね。

・イボケアですが、イボだけに塗らない
イボに効果が高いことで有名な艶つや習慣なんですが、イボだけに塗っても効果はあんまりなんです。
イボの周りの皮膚全体に広く塗るのがいいんですよ。
硬くなった肌質が正常になるので、なるべく広い範囲に塗ります。

・1ヶ月で1個を使い切る
艶つや習慣の内容量は120gです。これは、1ヶ月で一人で一個を
使い切ることを目安に作られています。
イボケアなどを目的にしている場合は、しっかり1ヶ月で使い切らないとなかなか効果が出ないので、体にしっかりと美容成分を入れてあげましょう。

1ヶ月で使い切れないと困ったらパック
艶つや習慣は、ちょっと固めのジェルなので公式サイトに書いてあるように
時々たっぷり塗ってから、お風呂でパックをすると効果的ですよ。
汗をかいても浴室で流れにくいので、なかなか使っても減らない方は週に2回くらいパックすると効果も出やすいし、お肌の潤いもプルプルになれますよ。

・1日2回朝と晩の2回使う
オールインワンジェルの艶つや習慣は、基本的に朝と夜に使う感じです。
朝起きて洗顔してからと塗りますが、この時は夜ほどたっぷり塗らないです。
あんまり塗りすぎると、ファンデーションが落ちやすくなるという意見も多いので朝は控えめの方が多いですね。

反対に夜は、朝よりもたっぷりしっかり塗ります。
しかも特に乾燥するところや、イボがあるところは重ね塗りをしてしっかりと成分を体に入れていきます。
愛用している多くの方が、夜はしっかりと多めに使うそうなので確実に効果を上げたい方は夜のケアに力を入れるといいと思いますよ。

夜にこだわらなくても、休みの日に昼間からじっくりとパックをするのもいいと思います。
大切なのは、しっかりと何回かに分けて肌にジェルを付けるのが大切なんです。

・1回の量はペットボトルのキャップくらい
公式サイトにも書いてありますが、艶つや習慣の一回の目安の使用量はさくらんぼ大と書いてあります。
あまりサクランボを食べないのでわかりませんがこれは、ペットボトルのキャップくらいと考えるといいです。
これ……化粧品としてはかなり多めの量ですよ。
顔だけでこの量は使いきれないので、一番最初に顔に乗せて次に首、デコルテ部分、背中、胸、手、足という感じで全体に塗っていきます。
特に気になる部分は2回塗ります。

・どうしてもべたつきが気になる人は数回に分ける
ゲル状の化粧品って、ベタベタが気になりますよね。
艶つや習慣は、かなりの潤いがあるので例外なくベタベタしてしまいます。
でも、肌への吸収力が高いので塗って15分もすれば触ってもベタベタしません。
どうしてもベタベタが気になる方は、少しずつ何度も塗ると気になりません。

でもこれだと時間がかかるので、出かける時間を逆算して早めに逆算しジェルを塗って、長くて30分くらい放置していると上からファンデーションを縫ってもよれないですよ。